ノロウイルス 健康

ノロウイルスの基本情報②~潜伏期間・症状~

ノロウイルス感染症の症状や潜伏期間

ノロウイルスに感染して1~2日程度の潜伏期間をすぎると嘔吐下痢腹痛頭痛発熱(38度台まで)などが起こります。

口から侵入したノロウイルスは小腸で増殖を始め、1日~2日の潜伏期間を経て、増殖したウイルスを体外に排泄しようとして、1日10回以上の嘔吐、下痢がおこります。

嘔吐をする数時間前から胃に不快感、もたれ感を感じることもあります。

健常な大人の多くの場合は、1日~2日で激しい嘔吐や下痢は治まり、後遺症もなく自然に回復していきますが、子供や高齢者の症状は一概には言えず、個人差もあります。

乳幼児、子供の症状

抵抗力の弱い小さい子供は大人よりも症状が長引くことがあります。

突然の嘔吐、下痢で脱水症になりやすく、乳幼児の場合は吐いたものを詰まらせて窒息する可能性もありますので十分に注意しましょう。

乳幼児、子供がノロウイルスにかかったときの意外な落とし穴!体験談&対処法

ノロウイルスの基本情報②~潜伏期間・症状~にも記載したとおり、ノロウイルス感染症は嘔吐や下痢が主な症状です。 そのため脱水症にならないように水分補給をすることが大切であることはご存知の方が多いと思うの ...

高齢者の症状

体力の低下している高齢者の場合、症状が長引くこともあり、嘔吐や下痢のために脱水症の危険が高くなります。

また、吐いたものが喉につまり窒息したり、吐いたものが気管・気管支に入って誤嚥性肺炎を引き起こすことで命にかかわる可能性もあるため、注意が必要です。

高齢者がノロウイルスにかかったときの対処法 重症化させないためには?

ノロウイルスに感染すると胃腸炎をおこし、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が出現しますが、成人なら通常は2~3日で回復します。 しかし、免疫力や体力の低下している高齢者の場合、ひどい下痢と嘔吐で ...

症状が出ない人、軽い人もいる

不顕性感染」といって、感染が成立していても症状が出ない人がいます。

ラッキー!と思いがちですが、通常の感染者と同じくらいのウイルスを持っているので、知らない間に感染を広げてしまう可能性があります。

特に家族の食事調理をする方、調理関係の仕事をされている方などは症状の有無にかかわらず、感染予防対策をする必要があります。

 

まとめ

潜伏期間は1日~2日

症状は年齢や免疫力によって個人差がある

子供(特に乳幼児)や高齢者は症状が重篤化したり、下痢や嘔吐による脱水、吐いたものでのどを詰まらせる場合もあり、要注意

症状が出なくてもウイルスに感染している場合がある(不顕性感染

下痢や嘔吐の症状が治まっても便の中には1か月程度ウイルスが排出され続けるので感染を広げないよう注意する

RECOMMEND

-ノロウイルス, 健康

© 2021 かしこく生きる.com Powered by AFFINGER5