GAHAG

ノロウイルス 健康

ノロウイルス感染を防ぐ意外と知らない正しい手の洗い方 あなたの手洗いは大丈夫?

手洗い??そんなの簡単、ちゃんと手洗いくらいしてるよ~
何言ってるの!「たかが手洗い」とあなどっちゃダメよ! ウイルスはとーっても小さいから手のシワの中に入り込むのよ。 まだノロウイルスに対するワクチンや治療薬は無いから 自分で身を守るしかないの!!

ノロウイルスによる嘔吐下痢をはじめとする感染性胃腸炎は、ウイルスや食中毒を起こす細菌が口から入ることによって起こります。

つまり、ウイルスや細菌が口から入らなければ感染を予防することができるということです。

人の手指はウイルスや細菌の運び屋と言えるでしょう。

手洗いの目的は、この手指に付着したウイルスや細菌を取り除くことです。

正しい手洗いを習慣してしまうことが、もっとも簡単で最大の予防策となります。

 

正しい手の洗い方と留意点

基本は石鹸と流水でのこまめな手洗いです。その上で、以下の点にも気を配りましょう。

常に爪は短く切りましょう。

マニキュアも取ります。

洗い残しの原因になる時計や指輪は必ず外します。

しっかりと石鹸を泡立てましょう。
 泡立てることで、手のしわに入りやすくなります。

正しく30秒ほど洗うことで、ウイルスの数が激減します。
 30秒洗いを習慣にするためにタイマーや砂時計を利用してみてもいいでしょう。

2回手洗いをすることでウイルスが除去される効果が高まります。
 冬場の流行時のトイレの後は2回の手洗いがおすすめです。

使い捨てのペーパータオルで手をしっかり拭き、ペーパータオルはごみ箱に捨てます。
 共用のタオルは、タオルを介してウイルスや細菌が手につくので(特に流行期は)避けた方がよいでしょう。

画像出典:厚生労働省手洗いポスター

 

手洗いのタイミング

基本はこまめに洗うことですが、以下のような行動の後には必ず手洗いすることを習慣化しましょう。

・帰宅後
・調理前
・食事前
・トイレのあと
・おむつ交換のあと
・感染者との接触のあと
・汚物の処理のあと

 

次亜塩素酸ナトリウム除菌剤で手指の消毒をより完璧に!

正しい手洗いで手指についたウイルスを落とすことがノロウイルス感染予防の基本となりますが、洗い残しが気になったり、外出先で手洗いが出来ない場面などもありますよね。

そうした時に、除菌剤を使って手指の消毒ができると安心ですよね。

パッと思いつき、手に入りやすい除菌剤はアルコール(エタノール)スプレーやジェルですが、アルコールではノロウイルスは殺菌できません。(←これ重要!)

じゃあ何を使って除菌すればいいの?
mocha
ズバリ、ノロウイルスを除菌するには、次亜塩素酸ナトリウムを使いましょう。

次亜塩素酸ナトリウム除菌剤にも色々と種類がありますが、手指にも使える安心・安全な製品を選びましょう

ひとつオススメな商品をご紹介します↓

この製品は、元々は全国の医療機関で機器の除菌等で利用されていたものを、「個人的にも欲しい」という医療現場の声により、一般向けに商品化されたものです。

あらゆるウイルス、雑菌を15秒で99%以上不活化させる本格派なのに、人やペット、家具や衣類にも無害!

Amazonでの消臭剤パーソナルランキングで売上1位の実績があり、東急ハンズでも全店舗で導入されています。

ノロウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスや細菌感染が不安な季節に必携の除菌剤です。

mocha
わが家では、冬場だけでなく一年中持ち歩いて外出先での手指の消毒に大活躍しています。

 

まとめ

普段から石鹸と流水でこまめに手洗いをして、ウイルスや細菌を洗い流す習慣をつける

30秒間のしっかり手洗いをする。

手指消毒もできる次亜塩素酸ナトリウム除菌剤を追加で使用する。

おすすめ
乳幼児、子供がノロウイルスにかかったときの意外な落とし穴!体験談&対処法

ノロウイルスの基本情報②~潜伏期間・症状~にも記載したとおり、ノロウイルス感染症は嘔吐や下痢が主な症状です。 そのため脱水症にならないように水分補給をすることが大切であることはご存知の方が多いと思うの ...

RECOMMEND

-ノロウイルス, 健康

© 2021 かしこく生きる.com Powered by AFFINGER5